志田未来が大学に行ってるんですか?

↑この美女を知ってますか?
可愛いですね。可愛いので、
僕の妹だったらいいなって感じです。

は!?お前何言ってるんだよ!
お前の妹がそんなに可愛いわけなかろうが!!

っていう反感を買ってしまいそうですね。

僕は、妹が欲しかったので、こんな可愛い娘を見たら、
ついついそんなことを妄想してしまうんですよね(笑)

なので多めに見てください☆

志田未来がどんな娘か知らないって方のために、
↓にyoutubeの動画を載せておいたので、見てください。


どうですか??
めちゃくちゃ可愛いですね。

ところで、志田未来って大学生なんですか?
憧れますね。まだそんなに若いのかって思います。

19歳なんですね。いいなーって思いますね。

僕も大学生だった頃があるのですが、
志田未来のようなそんな可愛い女の子が
いたら、楽しい大学生活が送られたと思います。

なので、
今日は、そんな彼女と一緒の大学だったらっていう
話について書いていきたいと思います。

 

僕と、未来は、同じ大学に入学した。
まるで小学校のように、初々しい入学だった。

その頃は、まだ僕と未来は、お互いに何も
知らない関係だった。

僕と未来は、学科も違って、僕がサークルに
入らなかったら、知り合ってなかったなと
思います。

サークルは、囲碁部に入ることになった。
僕は、元々ヒカルの碁とかで囲碁が好きだった。
頭を使うゲームが好きだったので、

それから囲碁を始めたのですが、
一時期それだけに夢中になるくらい
やり込んでいた時期もあった。

囲碁部にそんな可愛い子が来るっていう
ことも期待していなかった僕は、
囲碁部にとても可愛い志田未来がいて、
正直驚いた。

10人くらいしかいないサークルだったので、
こじんまりとしていた。
僕は、彼女に真っ先に話しかけた。


『こんにちは。はじめまして。
囲碁やられるんですか?』

未来
『こんにちは。はじめまして。
あ、はい。あ、そんなに強くないんですけど、
これからよろしくお願いします!』

彼女は笑顔を浮かべた。
とても可愛らしい子だなっていう印象だった。


『囲碁、けっこう前からやってたの?』

未来
『あ、小さい頃におじいちゃんに教わってたん
だけど、それからずっとやってました。

中学校の時とかは、バドミントンとか
やってたのでその時期とかは、
全くやってなかったんですが、
最近またやりたくなって、いろんな方と
交流とかもできるので、良いかなって思って。』


『そうなんだね!未来ちゃん可愛いから、
いろんな人とすぐ仲良くなれると思うよ。』

未来
『あ、いや、そんなことないです。』

こんな感じのやり取りが、僕と、志田未来が
話し始めた最初の出来事であった。

 

僕と未来は、毎日のようにその大学の囲碁サークルで
会うようになり、少しずつ仲良くなっていった。

僕は、そんな彼女に魅力を感じていた。

今考えると、
大学の勉強をがんばれたのも、彼女と
そういういろんなやり取りができたから
だったと思う。

志田未来の囲碁の強さは、相当強かった。
僕が二段くらいだとしたら、彼女は、
四段くらいの実力があって、頭一つくらいの
差があった。

20回やって1回勝てるかどうかくらいの
差があった。

そのくらいの実力差がありながらも、
彼女は、私すごいでしょ!っていう感じを
出さないのも魅力のうちの一つだと思います。

彼女は、そんなような気さくな性格で、
なおかつ謙虚な性格で、明るくて可愛い
ときたもんだから、僕は彼女に恋をしていた。

 

いつしか、僕と彼女は、帰りとかも
どこかに一緒に行くことも多かった。

そんな関係だったので、二人は、付き合って
いるような感じだった。


『今日一緒にデートしない?』

未来
『いいよ。あそこのデパート一緒に行こう!』

って言って、僕は未来と、手を繋ぎながら、
ショッピングをしていた。


『今日のお昼何食べようか?』

未来
『なんでもいいよ?大学の学食でもいいしさ。』


『あ、いいね。学食って素朴な感じでおいしいしね。』

未来
『だねー。今日も学食食べようか。』


『だね。一緒に食べよう?』

未来
『うん、でも私達の関係って何なの?』


『え?なんで?そんなこと聞くの?』

未来
『いや、だって、普段から遊んでるけど、
ひろくんは、私のことどう思ってるのかなって
思って。』

僕の名前は、ひろきなので、ひろくんって
彼女に呼ばれていた。


『あぁどんな関係だったらいいなって思う?』
逆に僕は、彼女に聞き返してみた。

未来
『大学でのただの友達かな。』

彼女は、意外と冷たかった。
これは、彼女が僕のことを試しているのかな
っていうことなのかなって思った。

そんなことないよとか、おれと付き合ってくれ
っていうような要求を求めているのかな?
っていう感じで、僕へ試してるのかなと
思った。自分のことをどれくらい好きかって
言うそんな意図があったのだろう。

僕はこう答えた。
『そっかー。友達か。僕と付き合ってほしいよ。』
ちょっと恥ずかしくなりながらも
そんなことを口走っていた。

未来
『え、そうなの?私と付き合っても
良いことないよ。』


『なんでそんなこと言ってるの?
未来と一緒にいる時間が楽しいよ。』

未来
『へー。そっかー。私は、そんなに楽しくない。』

女っていう生き物は、自分のことをどれだけ
愛してくれているのかっていうのをどれだけ
試すんだろうって思います。


『楽しくないっていうのはウソでしょ?
だって、すごい楽しそうに笑ってるし、
会話も楽しそうだったじゃん。
あれは、全部僕に愛想で演じてくれてたの?』

未来
『いや、そんなことないんだけどね。』


『そんなことないんだったら、良いじゃんねw
僕と付き合って。』

未来
『。。。』

志田未来は、何も言わなくなってしまった。

しばらく僕は、彼女と話さなかった。
また囲碁部で会った時もちょっと挨拶を
するくらいは、したんだけど、

前みたいに一緒に話してどこか遊びに行ったり
とかしなかった。

それから2週間後くらいだったかな。
僕から、未来に話しかけた。


『また学食一緒に食べに行かない?』

未来
『いいよ。どうしたの?最近私のこと
忘れちゃったのかなって思ってたよ。』


『だって、未来ったら、僕と付き合って
って言っても、反応がないし、ほっておいた
んだよ。』

未来
『今は私のことどう思ってるの?』


『今?うーん・・・可愛いなって思うよ。』

未来
『え、それから?』


『え、それから?って、何?』

未来
『可愛いなって思うだけなの?』


『まぁそりゃー、付き合ってほしいよ。』

未来
『あ、やっぱり私のこと好きなんだ?』


『うーん・・・なんかその試されてる感じ
いやだなー(笑)

未来はどうなの?僕にそんなこと聞いて、
僕のこと気になってるの?』

未来
『え、そんなことない!』
ちょっと照れたような言い方だったので、
これは、そんなことあるっていうことだな
と僕は察した。


『じゃ、おれら付き合おうよ。』

未来
『え、そんなことないって言ったじゃない?』


『顔がいいよって言ってるよ。
照れてるし、顔赤くなっちゃってるし、
いいよってことでしょ?w』

そんなやり取りをして、僕らは、
付き合うことになった。

二人は、大学の中でも一番仲が良い
カップルだったかもしれない。

未来とずっと付き合うことができて、
未来のおかげで僕は、楽しい大学生活を
送ることができたといっても、過言ではなかった。

 

そんな理想的なことを想像しながら、
現実は、そんな楽しいわけでもない、
いつもの生活に戻るのであった。

ここまで読んでくださって、
ありがとうございます!!