高嶋ちさ子のコンサートがあるの!?

高嶋ちさ子のコンサートとかがあったら、
行ってみたいですね。

どんな演奏をしてくれるのかとか、
間近で彼女の技を見たいなって思います。

高嶋ちさ子を知らない人のために、↓のyoutubeの動画を
載せておくので、見てほしいなと思います。


音楽ができる人とか、何かの才能を持っている人って、
素敵ですよね。

ヴァイオリニストって、素敵だなって思います。

 

今日は、どういう展開を期待しますか??

高嶋ちさ子さんの、コンサートに僕が実際に行ったら、
っていうことを想定して、この記事を、
書いていきたいと思います。

 

とある日のことだった。僕は、昨日までの疲れが
さっきまでの眠りによって、嘘みたいに回復していた。

仕事大変だったなーと思って、僕は昨日、
会社から帰って来て、午後10時にもなる前に
すぐ寝たのであった。

起きたのは、午前8時30分だった。
10時間以上も寝て、頭がボケっとしていたが、
僕は、たくさん寝られて、気分が良かった。

その日は、とても晴れていて、良い天気だった。

今日何しようかなーと思って、携帯を見たら、
友人の女の子から、メールが入っていた。
昨日の寝てる間に、そのメールをもらっていた
ようだ。メールの内容はこうだ。

『やっほー!ひろくん、元気?
明日、高嶋ちさ子のコンサートがあるから、
一緒に行かない?』

あ、なんだ、昨日メールもらっていたんだと
僕は、思って、すぐその女友達に電話をした。

プルルルルルルルルル・・・・・

女友達
『あ、ひろくん?』


『あ、おはよう、昨日ごめんね。寝てたよ。
メール見たよ。』

女友達
『あ、見た?そうそう今日、高嶋ちさ子の
バイオリンのコンサートがあって、良かったら、
一緒に行かないかな?って思ってさ。』

(ワーイ!今日は、コンサートに行ける!)

と僕は、思っていた。


『あ、ホントに?誘ってくれてありがとう。
ちょうど、今日暇してたんだ。昨日まで仕事
してて。気にかけてくれて、ありがとう。』

女友達
『いやー、なんもだよ。ひろくんくらいしか
一緒に行く人がいなかったからさ(笑)』


『なんだよ、それ(笑)誰でも良かったの?』

女友達
『そんなこともないんだけどね。』


『まぁじゃ、○○駅で午後1時に待ち合わせしようね。』

 

僕は、その時間に
その女友達と会って、コンサート会場に向かった。

そのコンサートは、とても長かった。全部で、
5時間くらいに及ぶコンサートで、更に、
そのコンサート後に、食事会もあった。

たくさんの高嶋ちさ子のファンの人達と一緒に、
おいしい料理を食べていた。

お肉に、サラダ、ご飯、チャーハン、シーチキン、
スープ、グラタン、ピラフ、カレーライス、シチュー、
ハンバーグ、海老フライ、焼き鳥、お酒、ジュース、
フルーツ、・・・・・・

たくさんの食事に囲まれて、僕と女友達は、
いたれりつくせりだった。

 


『やっぱり、ヴァイオリンとか、僕はできないよね。』

女友達
『たまに見るくらいならいいけどね。
ずっとやってる人って、本当に好きじゃないとできないよね。』


『うん。他に好きなことだって、たくさんあるから、
それだけは、できないね。』

女友達
『それにうるさいしね(笑)
家の中で楽器を弾いたら、家族の人達に迷惑かけちゃうしね。』


『うんうん。そうだね。お嫁さんもらうとしたら、楽器とか
やらない人がいいな。うるさいから(笑)
寝る時間とかに弾かれたら、たまったもんじゃないしね。』

僕と女友達は、そんな会話で意見が一致していた。

女友達に僕は、聞いてみた。


『今日、なんで僕のこと誘ったの??』

女友達
『え、特に理由はないよ?ただ元気にしてるかな?って思って。』


『そうなのか。僕のこと好きなのかな?って思って。』

女友達
『え、どんだけー?(笑)
どんだけ、自意識過剰なんだかww』


『え、違ったの??じゃ、また今度一緒に遊ぼうね!』

女友達
『え、どうしよう。ひろくんに狙われたら困るしw』


『そんなこと言って、本当は狙ってほしいんじゃないの?w』

女友達
『えー、違うよー。そんなことないから。』


『そかそか。今日とにかく良い日を過ごせたよ。
また今度一緒に遊ぼうね!』

そう言って、女友達と別れた。
また高嶋ちさ子のコンサートに行く機会があったら、
行きたいなと思いながら、僕と女友達は帰った。

 

っていう、普通の休日ですね。書いていて、こんなデートも
悪くないなーと思ってました。