二階堂亜樹が結婚したんだって!?

二階堂亜樹が結婚した瞬間に、子供が授かったって、
できちゃった結婚っぽい感じがしますね。

それにしても、麻雀のプロってすごいですね。
頭がとても良いんだなーって思いますね。


↑亜樹さん、美人だなーって思いますね。

そんな彼女が誰かに取られてしまって、
ちょっと残念です。

 

二階堂亜樹と僕が結婚したってことだったら、
良かったなって思うので、
そういう展開を作ってみたいと思います。

亜樹は、いつものように麻雀を
やりに来ていた。

僕は、その麻雀を観客として見ていた。
プロの人の麻雀は、すごいなーと思いながら、
見ていました。

普段の麻雀ゲームで、多少やることは
あっても、高段者同士の闘いでは、全然
勝つことのできない僕にとっては、

麻雀のプロっていうのは、
雲の上の存在の人だと思っていた。

 

僕は、ずっと二階堂亜樹の後ろから、
亜樹のことを応援していた。

プロの麻雀の対極は、牌を捨てるスピードが
早くて、ゲームの展開が早くて、見ている方も
どういうことを考えているのかが、
わからないっていう感じである。

亜樹の真剣な対極姿を僕は、いつも
微笑ましい姿で観ていた。

数少ない観戦者の中で、更に僕のように、
しょっちゅう観戦に来る人なんて、
珍しかったので、そんな僕のことを
彼女もいつも見にきてくれているなと思って

観ていました。

 

麻雀の対極の休憩中、亜樹は僕に話しかけてきた。

亜樹
『こんにちは。いつも観戦ありがとうございます。』


『あ、こんにちは!いつも応援させていただいてます!』

亜樹
『これから昼食なんですが、良かったご一緒しませんか?』


『え、急ですね。ぜひぜひ!一緒に行きましょう!』

亜樹
『あ、良かったー。お名前なんておっしゃるんですか?』


『あ、ひろきって言います。』

亜樹
『あ、そうなんですね。私、亜樹です☆』


『あ、知ってます(笑)』

亜樹
『今日何食べますか??』


『あ、お蕎麦とかでもなんでも良いですよ。』

亜樹
『あ、蕎麦いいですね!私もちょうど食べたかったの。』


『え、無理やり合わせてくれなくても全然大丈夫なんですよ。』

亜樹
『いや、全然無理やりじゃないですよwたまたま
私と意見が同じで嬉しいなってw』


『えー、僕も嬉しいです。亜樹さんのこと、
前から好きだったので、こんな展開になれて、
夢みたいです。』

亜樹
『私のこと、いつも見てくれていたけど、
どの辺が良かったの?』

単刀直入に二階堂亜樹に聞かれて、
僕はちょっと戸惑った。


『うーん・・・正直に言っちゃっていいですか?』

亜樹
『うん、いいわよ。』


『もう全部ですね!ん~外見から、表情とか、
そのルックス、雰囲気、髪型とか、全部です。』

二階堂亜樹は、嬉しそうな表情を浮かべた。
僕は、なんか口説いたつもりはなかったが
今のやり取りで、恋に発展しそうな予感がした。

亜樹
『そんなに私のファンなの?w』


『それは、え、まぁw いつも見てるくらいですから。』

そんなやりとりをしながら、初めて話した時から、
楽しく、蕎麦を食べて外食をしていた。

二人は、それから一緒によく遊ぶ関係になって、
交際を始めた。

それから2年の月日が経ち、二人の仲も
初々しさがとっくに無くなって、深い関係に
なっていた。

 

一緒に綺麗な夜景の見えるレストランで
高級料理を食べていた頃のことである。


『あの時、話しかけてきてくれて、ありがとう。』

亜樹
『え、どうしたの?急に改まって。』


『いや、これ渡そうと思ってて。』
と言って、婚約指輪を渡した。

亜樹
『え、なにこれ??』


『開けてみてごらん。』

亜樹
『あら、え、嬉しい・・・
これどこで買ったの??』


『受け取ってくれるの??』

亜樹
『ええ、もちろんよ。』
普段強がっている亜樹が乙女に見えた。


『結婚してほしいなって思って。』

亜樹
『え、嬉しい。ありがとう。』

二階堂亜樹は、本当に嬉しそうな笑顔を
浮かべていた。

 

こうして、僕と亜樹は、結婚することになった。
二人は、結婚後も幸せに仲良く暮らしていた。

 

っていうストーリーだったら、
理想的なんだけどなー(笑)

最後まで読んでくれた人、ありがとう!!