三宅麻理恵って声優さん知ってますか??

麻理恵

↑この人なんですけど、可愛らしい人ですね。

三宅麻理恵さん、めちゃくちゃ可愛い声優さんので、
結婚しても良いなって思います(笑)

たぶん向こうがOKしてくれないですけどねw
三宅麻理恵ってどんな人なの??って思いますけど、

今回youutubeの動画がなかったので、
ニコニコ動画に出ていたので、良かったら、
見てください。

⇒ http://www.nicovideo.jp/watch/sm17786608

 

どうでしょうか??三宅麻理恵って、
声優さんっていうことだけあって、
声がめちゃくちゃ可愛いですね。

アニメを見てから声優さんのことを
好きになるっていうパターンがあると
思いますけど、声優さんを好きになって
しまったら、その人のアニメとか、

全部見るかなって思いますね(笑)

そんな逆パターンとか、考えたことなかったですね。
今までアニメを見て、声優さんを好きになったこと
さえも、なかったので。

そんな話はどうでも良いから、
三宅麻理恵と僕とのまた妄想ワールドやってよー!
っていう声が聞こえそうなので、
妄想ワールドやりたいと思いますww

え!?誰もそんなの期待してないって?ww

まぁまぁそんな堅いこと言わずにー。

 

今日は、なんと、声優の、
三宅麻理恵が僕の彼女という設定です(笑)

どんだけ無理やりな設定なんだよー!
っていう声が上がってきそうですが、
まぁいいのいいの!(笑)

 

その日、デートで、声優の三宅麻理恵と僕は、
登山に一緒に来ていました。


『今日天気良いね。まだそこまで暑い季節でも
ないから、気持ち良いかもね!』

麻理恵
『そうね!これだったら、良い汗かけそうだわ☆』
さすが、声優ということだけあって、
可愛らしい声で、答えてくれることには、
いつも幸せだなーって思う自分だった。


『頂上着いたら、記念に写真撮って、ジュースとか
飲んだりして休もうね!!』

麻理恵
『うん』

手をつなぎながら、僕と、三宅麻理恵は、
一緒に最初のところから合計4キロもある道のりを
登山し始めていた。

麻理恵
『全部で、2時間くらいかかるのかな??』


『そのくらいじゃないかなー。昨日までの仕事の
疲れを癒してね!昨日までやっぱり声優さんのお仕事
大変だった?』

麻理恵
『うんー!もう、めちゃくちゃ忙しかったわ。』


『これ帰りはロープウェイを使おうな。』

 

そんな話をしながら、ひたすら頂上を目指して
歩いていた。

と、あまりにも空気が綺麗で、良い気分のために、
歌でも歌い出したい気分になった。


『ねえ、頂上ついたらさ、みんなの前で歌歌ってよww』

麻理恵
『はー!?何言ってんの??
嫌に決まってんでしょ。あんたやってよ。』


『普段やってる、声優さんの力を見せてよ。』

麻理恵
『ん~・・・タダではやりたくないわ。』


『じゃお金くれるんだったら、やるの?』

麻理恵
『うん、その金額によっては、歌っても良いわよ。』


『おお。いくらでならやってもいい??』

麻理恵
『50万円くらい(笑)』


『そっかww』

 

そんな話をしながら、とても良い気分で頂上に
登ることができました。

天気はとても良く、青空であった。
しかし、まだ4月くらいなので、
温度は、少し寒いくらいだったが、
運動した後もあって、すがすがしい気分だった。

ジュースを二人とも飲んで、写真を
記念碑の前で誰かに撮ってもらうように頼んで、
一緒に撮って、しばらく寛いでいました。

僕は、頂上で、三宅麻理恵に
得意の歌を歌ってもらうことを提案しました。

麻理恵
『気分良いから、ホントに歌っちゃおうかな?笑』

一曲、そして三宅麻理恵は、歌うのであった。
誰もそこで歌を歌ってなかったので、
ちょっと人が周りに集まってきて、
リクエストをもらったり、声援を受けることになった。


『さすが、声優さんだわ。よくあんなところで、
歌えるもんだなって思うよ。』

麻理恵
『声優さんの本領発揮でしょ!?(笑)』
と、可愛く笑う彼女にまたちょっと惚れてしまった。

幸せを感じながら、帰りは、ロープウェイを使い
下山した。

また一緒に昇りたいね。って心から思える
気持ちの良いハイキングができて、
良い思い出ができました。とさ。