こんにちは!!ひろです。

最近、地震が多いですね。非常に多いですね。
とても恐い思いをしている方も多いと思います。

地震と言えば、去年の3月11日、大地震がありましたね。
その日、たまたま仕事で、埼玉の大宮駅まで、
行っていた私は、大地震のおかげで、帰られなくなりました。
その日の全貌を↓に書いたので、楽しんで読んでもらえたらと
思います。

 

3月11日の大地震の日、
仕事で、埼玉の大宮駅の近くまで行ってた私は、
電車に乗って帰ろうとした瞬間に
大地震があり、電車が動かなくなってしまい、
帰ることができなくなってしまいました。

その日は、仕事が午後2時半くらいに終わったので、
3時くらいには、電車に乗って帰ろうとしたと思います。

しかし、大地震で、ものすごい揺れたために、
電車の発車ができなくなっていました。

そこで、電車が発車するまで、
カラオケで、時間を潰していました。

と言っても、カラオケBOXの中ではなく、
待合のところでです。

BIG ECHOとカラオケ館に行ってたと思います。

そして、午後5時くらいから、
しびれを切らして、そろそろ電車が
動かないかなと、駅の方に行ってみました。

 

大宮駅の中とか周辺は、ものすごい人の量が
溢れていて、ごった返していました。

そして、ハッとするような
アナウンスを聞く瞬間が訪れました。

夕方の5時半くらいだったですかね。
6時くらいだったですかね。

『本日の運営は、休止いたしました。』
というような意味をするアナウンスが
流れました。私は耳を疑いました。

まさか、そんなことがあるのか!?
近くにいた、
警察官の方に確認しました。

『そうですね~。事態は、緊急ですからね。
バスとかで帰っていただくか、
近くで、一泊していただくかくらいしか
ないですよね。』と。

 

その私が話した方は、丁寧な方で、
良い方だった印象が残っています。

やはり、アナウンスの内容が本当だった
ということを確信した私は、
今日一日をどう凌ぐかということで、
頭の中がいっぱいになりました。

困惑を感じて、落ち込みながらも、
大宮駅の周りのお店を見てみることにしました。

最初は、その辺りのマクドナルドとか、
もの凄い人の量で入れそうもなかったので、
もう、誰かの家に泊めさせてもらうことを考えました。

楽観的な私は、誰か一人くらいは簡単に
泊めさせてくれる優しい方がいるだろう。
という安易な考え方をしていました。

さっそく、住宅街のところまで歩いていきました。
その前にセブンイレブンで、食べるものと、
水を買ったのを覚えています。

 

そして、一軒一軒ピンポンを押して、
『こんばんは!今日地震で、電車が止まってしまいまして、
帰ることができなくなってしまいまして、
申し訳ないですが、一晩泊めていただくことは
できないでしょうか??』
と尋ねていきました。

『無理です。』ガチャン。
というのが一番多かったです。
私はそれでも一人一人に
『ありがとうございます!』と
言っていきました。

中には、玄関先まで出てきてくださって、
『あら大変だね。』と言ってくれて、
心配してくださるおばさんもいましたが、
泊めさせていただくというところまでは、
なかなか難しかったです。

女の人が一人しかいないところに
泊めさせるのは危ないからといった
理由が多かったです。

男がいるところに泊めさせてもらってねという
女の人の心境も理解させていただきました。

 

ちょっと歩いていて、旅館があったので、
ここだ!助かったと思いました。

しかし、入ってみると、ここも
人がいっぱいで、泊まることができませんでした。

旅館で、泊まることができる人に、
『半分ずつでもいいので、
一緒に泊まりませんか?』とか、
旅館の人に、
『廊下でもいいので、
泊めさせてもらうことはできませんか?』
と必死で聞きましたが、

全て却下で、ダメでした。
やっぱり民家で誰かに泊めさせてもらうこと
しかないと感じて、再び、ピンポンを押して
いきました。もう7時くらいになって
かなり寒かったです。そして暗かったです。

暗かったので、どこをピンポン押したかとかも
だんだんわからなくなってきました。

 

そして、印象に残ってるのが、
さっき断られたところなのに、
どこを訪問したかわからなくなって、
2度ピンポンを押してしまったところがあって、
『だから、無理だって言ってるでしょ?』
というのがありました。
謝って帰りました。

間違ってしまっただけなのに、
もう一度お願いされたと勘違いしたのでしょう。

言われ方がきつかったので、
ちょっとショックを受けました。

そろそろ絶望的になってきました。

しかし、人って予想していたよりも
案外、冷たいなと感じました。

私だったら、そんな人がいたら、
事情を聞いて、泊めさせてあげるのに
と思いながら。

 

自分が危ない状況になった時は、
助けてくれ!って言うくせにして、
人が困っている時は、助けてくれない
そんな人間が多いのかなと思ってきました。

ちょっと人が歩いている時にもその人に、

『こんばんは。今日帰るところはありますか?
地震で帰られなくなってしまったので、
一晩泊めていただけないですか?』と
聞いていきました。

仕事があるからだめとか、
私も帰るところがないとか、
外国人の方にも聞いて、
言葉が通じなかったという人もいました。

集団の女性にも聞きましたが、
無視されたのも覚えてます。

無視されるというのは一番辛いです。
行き場がなくなるというか、
どうしていいのかわからなくなります。

 

そして、もう50人くらいに断られて
いたでしょうか?もう諦めかけて
いた時、また同じように
歩いていた男の方に、
また断られるのが怖いながら、
緊張しながらも

『こんばんは!
今日地震で電車が止まってしまって、
帰ることができなくなってしまいました。
今日一晩泊めていただけませんか?』
と聞いたら、嬉しい衝撃の一言が帰ってきました。

なんて言われたでしょうか。
『4キロくらい歩くけどいい?』
でしたでしょうか。

私は、『はい、もう全然歩きます。』
とか喜んで言ってたと思います。

というか、普通に考えてみても、
断られてあたりまえですよね。

それが普通にOKしてくれて、
この人私が変な人かもしれないのに、
そんなに知らない人を迎い入れてしまって、
大丈夫かな?と思ってしまうくらいでした。

 

その泊めてくださった方は、
確か40歳くらいの男の方でした。
私は『ありがとうございます。』と
随時言っていました。

『いやいやいや』とか、とても
謙虚な方で、涙が出そうでした。

泊まらせていただいている時とかも。
歩きながら、話して、
けっこう気が合って話せる人だなと
思いました。そんなに気まずくなくて良かったです。

今までの経験で、こっちが気まずくなかったら、
向こうも話しやすいはずなので、
お互いに良かったなと思いました。
30分くらい歩いてその人の家に着きました。

2世帯住宅で、その弟さんは結婚していて、
その弟さんの奥さんは、素敵な人でした。

寝るところは、とても綺麗で広い部屋で、
テレビとかソファーとかもある部屋でした。

 

その日は、その方の家で、テレビを見てました。
ずっと地震の情報についてでした。
その方と一緒にテレビを見ました。

お風呂にも入る?と言われましたが、
それはとても嬉しかったですが、
1日くらい大丈夫です!と言って入らなかったのを
覚えています。本当に嬉しかったです。
感謝しています。

布団を敷いていただいて、
ぐっすり眠ることができました。

その日はスーツだったので、
Yシャツとか脱いで寝たのを
覚えています。

朝、見送っていただくことまで
していただいて、
本当に人に感謝をしました。

次の日は、家に午後3時くらいに着きました。
とても疲れてぐったりしていました。

良い経験をさせていただいて、
本当にありがとうございます。

感謝しています。
書いている今も、ちょっと涙が出そうです。

 

最後まで、長々とここまで読んでいただいた方、
本当にありがとうございます!!